人生、いろいろな綺麗がある~スピリチュアルビューティー~

40代女性の私が今まで見てきた真のビューティーを時にスピリチュアルな視点も加えて、そのまま綴ります。https://annem.hatenablog.com/entry/2020/05/06/144223?_ga=2.72501395.126750168.1588522963-731991130.1587911762

口コミを書く人は波動が下がる?悪口になるの?スピリチュアル的な見解は?

こんにちは!アンです。

みなさん、ご元気でしょうか?

秋を感じるようになり、ファッションの選ぶ色も変わってきて、楽しんでいる人も多いかもしれませんね。

 

みなさんは、ファッションアイテムやインテリア雑貨など、ネット販売を利用しますか?

私は、実物を見てから購入したい人なので、基本的にはショップへ直接行きますが、たまにネットを利用しています。

 

ネットで購入する時に参考にするのが、「★」の数や「口コミ」。

スピリチュアルな人は「口コミ」に悪い評価をするのを波動が下がるという理由で嫌がると思いますが、実際はどうなのでしょうか?

 

今回は、ネット通販やヘアサロンなど、さまざまな「★」の数や「口コミ」について、波動についてを記していきます!

ひとつの意見として参考にしていただけると幸いです。

 

 

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

 

今までは「★」しか気にしていなかった…

f:id:annem:20211102192619p:plain

pixabay https://pixabay.com/ja/

先程もお伝えしたように、私はショップで品物を実際に手で触れたり、色を確認したり、五感を使って、また目に見えない波動も感じながら私としっくりくるものを選ぶようにしています。

 

なので、ネット通販を使う時は「★」の数が多ければ信頼できるショップだと思い込んでいたので、「口コミ」を気にすることはありませんでした。

 

しかし、これが小さなトラブルに出会うことになってしまいました。

 

実際にあった話

f:id:annem:20211102190949j:plain

ある日、新しいインテリアに合うクッションカバーを選んでいました。

ショップを歩き回っても思い描くカラーがなかなかなく、やっと見つけたのはネット通販。

 

重要な「★」の数も4.5以上だったのですぐに購入しましたが…

本当に最悪でした。

 

まず、届いたカラーは写真とは全然違う色。

私が誤ったのかと思い、再確認しますが、カラー展開は一色。

あまりにも違うのでショップに問い合わせたところ、

 

「光の加減によって色に違いが出ると記載してあるので交換や返品はできません。見ていないそっちが悪い」

 

と返答をもらいました。

そんな文章があったかと確認しましたが、やはり記述はありません。

なので再度連絡をしますが、返信が来なくなりました。

 

「え?」

「逃げられたの?」

 

愕然としました。

こんな対応なんて遭遇したことがない…

慌てて、ショッピングサイトのお客様センターへ連絡をし、ありのままを伝えたところ、即返金対応してくれました。

 

私が頭にきたことは、

  • 色を偽る(商品を偽る)
  • こちらには不備はなく、お客様が悪いという責任転嫁な姿勢
  • 都合が悪いと逃げる

上記のことから、値段が大きい小さいに関わらず、こんなショップや人にお金(エネルギー)を回す気にはなれないということでした。

 

お金やエネルギーは、きちんと誠実に取り組んでいる人に回したい。

 

世の中には、まだ努力をしているのに結果が出なく、横取りされている人もいます。

そのような人たちを見てきているので、小さなお金でも私は誠実に行っている綺麗なエネルギーの人へ回したいと強く思いました。

 

今回の学び、「口コミ」の重要さ

f:id:annem:20201128110509p:plain

we♡it https://weheartit.com/dashboard

なぜ、そんなショップの「★」の数が良かったの?

不思議に思い数多くの「口コミ」を端からできる限り見ていくと…

 

 

「届いた色が全然違うけど、まあ、かわいいからいいです」

「私に届いたのは、希望の色でした」

 

 

と数多く書かれていました。

なんてこと?!

さらに見ていくと、

 

 

「違う色が届いたので返品を依頼したが、無視された」

「写真は悪くない。こっちが悪いと言われた」

 

 

こちらの評価は当然「★」1も付けたくない、絶対に利用しないといったご立腹な内容。

私と同じ目に遭った人がいて口コミをしていました!!!

 

大半の人たちがデザインも色もかわいかったから、違う色が届いても文句を言わず許していたようです。

それに甘えてショップの人は偽り続けた。

 

「口コミ」さえ見ていれば、「★」の数が多くても私はこのショップでは購入しませんでした。

この時、「口コミ」の大切さを知りました。

 

悪い口コミを書くと波動は下がるか?

f:id:annem:20211102190800j:plain

スピリチュアルな人たちは、悪口を言うことをNGとしている人が多いので、気になるところです。

 

しかし、今回のことがあって正しい口コミがどれほど顧客を救うかということがわかりました。

 

そうです。

正しい口コミは、人を被害から救います。

 

悪意のあるネットショップを放置していたら、被害者が増えていくだけ。

放置することは、波動を下げてしまうこと、環境を悪くすることに間接的に手助けしてしまうことになります。

 

それを阻止するのが、「口コミ」なのだと思います。

「口コミ」はスピリチュアル的に波動を下げることではありません。

 

 

annem.hatenablog.com

 

 

 

「口コミ」を書くポイント

f:id:annem:20211102190214p:plain

pixabay https://pixabay.com/ja/

 

流せるくらいなら流してももちろんOKです。

しかし、これは伝えたいという思いがあるのであればお伝えしましょう。

 

口コミやクレームは、書き方や伝え方によっては波動がど~んと下がりますので気をつけてくださいね!

 

  • 感情的にならない
  • ありのままを書く
  • 前向きな発言をする

 

この3つがポイントです。

悪い出来事に出遭うと人は感情的になりがちです。

ムカムカきた心の状態のまま書き込んでしまうと、悪意を感じる文章になる可能性もあるので波動を下げてしまいます。

 

大切なのは、「ありのまま」を書くこと。

そして、できるなら前向きな意見をお願いしてみることです。

 

どのような対応をされたのか、どのような商品が届いたのか、届くまでに時間がどのくらいかかったのか、写真と商品はどう違うのか、など、そのままを書くと

読み手にも伝わりやすく、正しい情報発信をしていることになり、波動を下げることはありません。

 

むしろ、そのままをストレートに伝えることは波動を上げることに繋がります。

 

日本人は、美徳を短所にしてしまっているケースが多いと感じます。

『見ざる聞かざる言わざる』は状況を間違えると、不愉快さを発展させてしまいます。

 

もし、『見ざる聞かざる言わざる』でおさまらないケースに出会ってからしまったら、適切な方法でストレートに真実を表に出すようにすることも大切です。

 

これは、対人関係でも同じ。

 

『見ざる聞かざる言わざる』をしていると、「この人なら何をやっても平気」と甘くみてくる人もいます。

そのような賢さのない人には、その状況に応じてストレートに伝えるのがベストです。

そうすると、アッという間に目の前から嫌な出来事が去っていきますよ!

 

 

annem.hatenablog.com

 

 

口コミは上手に利用して波動も上げましょう☆

f:id:annem:20210908105957p:plain

we♡it https://weheartit.com/dashboard



ありのままを伝えるのは、悪口ではありません。

悪口は、不愉快な状況に出会った時に、伝えなければいけないことを伝えずに我慢してしまった気持ちが蓄積されて起こります。

 

その気持ちが蓄積すると波動が重くなるのは想像つくでしょう。

 

伝えても良い状況ならば、ストレートに伝えてしまえば、悪口を言わなくても済むので口コミを書くことは◎

 

自分自身の気持ちを伝えることで悪口を防げ、多数の人を救うかもしれない。

波動が高くなることです♡

 

みなさんももし嫌なショップに出会ってしまったら、口コミをストレートに書くことをおすすめします。

その前に、みなさんが嫌なショップに出会わないように祈ります☆

 

今回もありがとうございました!

 

★おすすめ書籍

 

 

annem.hatenablog.com

annem.hatenablog.com